ドライマウス外来

お口の教えてくれるサインを見逃さないでください。

ドライマウスとは、唾液の分泌が減少し口の中が乾燥する状態を指します。
お口の乾きだけでなく、舌の痛みや味覚を感じられない、食べ物が食べにくい、口臭などの症状を伴うことも多くあります。

  • のどが渇いて夜中に目が覚める
  • 唾液がべとつく
  • 口が乾く
  • 舌がひりつく
  • 口臭が気になる

緊張したり、たくさん汗をかいたときなど、お口の乾きを感じる場面はたくさんありますね。
しかし、そのお口の乾きが継続してある場合には思いがけない病気が隠れていることがあります。

ドライマウスの原因

ドライマウスの主だった原因は大きく分けて2つあります。
糖尿病や腎不全の人工透析、口呼吸などを原因とする水分の不足と
老化やストレス、脳梗塞、喫煙、シェールグレン症候群、更年期などを原因とする唾液そのものの減少です。
また、お薬の副作用によって起こることもあります。

原因が一つのこともあれば、複数の原因があって症状を引き起こしている場合もあります。
どの原因であっても、なぜお口の乾きが起こるのか、その原因を知ることが大切です。

当院ではドライマウス研究会(鶴見大学内)による、認定カウンセラーが専門に診察いたします。
唾液検査や、問診で原因を見極め、丁寧なカウンセリング行い、唾液腺のマッサージや漢方を含む投薬などを中心に治療を行っていきます。
お口が教えてくれるサインを見逃さず、きちんと治療を行いましょう。

シェーグレン症候群とは

シェーングレン症候群とはお口や目の乾きを特徴とする自己免疫性疾患です。
当院ではシェーグレン症候群の可能性がある場合、他科へのご紹介させていただいております。